言葉の中にある想い

 

「まずは与えなさい」

よく聞くこの言葉は、とてもステキな言葉だと思うけど
だけど「与えること」のその先の捉え方によっては
本来の意味とは別の方向へ行ってしまうんじゃないかなって思うんです。

 

マザーテレサの言葉にこんな言葉があるのですけど

あなたの中の最良のものを世に与えなさい
けり返されるかもしれません
でも気にすることなく
最良のものを与え続けなさい

 

「与えること」の本質は、こういう事なんじゃないかなって思うんです。

 

自分の精一杯で与えた結果
相手にそれが伝わらなかったとしても、受け取ってもらえなかったとしても
それに対するジャッジもしない事だなって。

受け取るかどうかは、相手の自由なのですよね。

 

「私の気持ちを分かって欲しい」
「私の考えは正しい」

こういう想いがあると、自分にも相手にもジャッジをしてしまうのです。

 

私は与えたくて与えている。
ただそれだけのこと。
自分の精一杯で与え続ける。
それだけでいいよねって最近よく思います。

 

とは言え、私の精一杯で与えることができて
それで相手と分かり合えたり、共感できるなら
それはやっぱりとても素敵なことだと思うし
私はこの先、そういう人生を創っていけたらなって思っています。

 

最近私は、外に出すにはもったいない言葉を沢山受け取っていて
その度に、その言葉を、自分だけの中に閉まっておいて、独り占めしていたいと思うことが多いのですけど

 

だけど、いつかちゃんと私の言葉に変換できたら
その時は誰かに伝える事が出来たら嬉しいなって思っていて
そういう事も含めて、私の中にある全てで、与え続けることができたら良いなって思いました。

 

最近は内側の変化をとても感じられているので、少しずつ、ここに残していこうって思います*

 

北海道ではまだ見れてないけど、東京には紫陽花がたくさん咲いてました*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です