不自由な心を手放す

 

もしもあなたが、今の自分は不自由だと感じているなら
その選択すらあなたの自由の元にあると気付いて下さい。

 

今の職業を選んだ事や周りの人間関係、今の現実で不自由だと感じているそれらを選んでいるのは、紛れもなくあなたなのだから。

 

誰かに何を言われたとしても、それでもあなたにはそれを選ぶ自由があって、あなたが今の現実を選んでいるのです。

 

今もしも、あなたが不自由さを感じているのなら、不自由を選んでいるのはあなた自身であって
不自由という考えそのものが、あなたを不自由にさせているだけなのですよ。

 

あなたはいつでも自由を選べるのです。
そして不自由を選ぶこともできるのです。

 

不自由でいる事って、意識ではとても苦しいかもしれないけど
それとは逆に、無意識では安心している事が多いのですが
それはどうしてかと言うと、不自由だと感じている時って、人のせいにできるからなのです。
つまり、今の自分の現実を、自分以外の何かや誰かのせいにしたいのです。

 

家庭環境かもしれないし、職場や人間関係、パートナーや友人。
誰かや何かのせいにしている時って、不自由だけど責任逃れができるのです。
だからやめられない。

 

家庭環境は選べなかったかもしれないし、過去は変えられないかもしれない。
だけど、そこに意識を向け続けて恨んだり悲しんだりしていても、あなたの人生は何も変わらないし
そんなふうに、過去に意識を向け続けるということは、あなたはその過去を大切に握りしめているという事になるのです。

 

例えば

「こんな家庭に生まれたから私はこうなんだ!」そう思っていたとしたら、

 

そう思い続ける事で、その過去を大切に握りしめていることになるので、中々その現実から抜け出せないのです。
あなたが大切に握りしめてしまっているから。

 

たくさん恨んでも良いし、たくさん悲しんでも良い。
そうやって自分自身の感情を素直に感じることはとても大切なことですし、むしろ、感じ取れるだけ感じてみて良いんじゃないかなって思います。

 

私自身もそうでしたので。

 

蓋をしていた怒りや悲しみを、これでもかってぐらい感じてきました。
でもだからこそ、手放す準備が整ってきたのかなって思ったりもします。

 

なのであなたも、そういった恨みや悲しみを感じきった後は、もう手放してしまいましょね。
恨んでいるのなら尚更。

 

相手を恨むことで自分が不自由になるなんて、なんだか理にかなわないでしょ^^

 

過去に縛られて生きていくのではなくて、あなたの人生をあなたらしく生きていけたら、どんなに素敵かなって思いませんか^^

 

私もまだまだ先へ進みたいなって思います。
自分らしさの頂点を目指して♡

 

あなたもその一歩を踏み出す為に、まずは不自由な自分を手放してみましょうね^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です