摂食障害の治しかた(Twitter質問箱より)

 

少しでも何かのお役に立てたらなって思いまして、最近Twitterの中に質問箱を設置してみました。
それで早速、何件か質問を頂いたので、時間を見つけて少しつづ答えていけたらなって思っております^^

 

1回目の今日は、摂食障害の質問です。

 

 

Q、摂食障害はどうやって治せますか?

 

 

摂食障害を治す方法って、答えはひつではなくて、本当にたくさんの方法があると思います。
その人に合ったそれぞれの方法があって、それぞれが模索して、その中でモノにしていくんだろうなって。

なので、ハッキリとした何かがある訳ではないと思いますが
私が思う、大切なことをお話しさせて頂きたいなって思います^^

 

 

私が一番大切だなと感じることは、「摂食障害を治す」と決めること。これは本当に大切だなって思います。

 

質問を下さった方が、今どのような状況か分からないのですが
ご家族や友人やパートナーが支えて下さっていても、そうではなくても
「摂食障害を治す」と決意する事ができれば、ちゃんと前に進む事が出来ます。
どんな状況でも、です。

 

なのでまずは、「自分で治す」と心を決めて頂きたいなって思います。

 

ただ、覚悟を決めたからと言って

誰かに頼ったらダメですよ、とか
弱音を吐いたらダメですよ、とか

そういう事ではありませんので安心して下さいね^^

 

摂食障害の方って、「甘えること」に対する極端な基準を持っている方が多いと思いますが
摂食障害の方に限らず、生きていれば誰しも頼る事だってあるし、弱音を吐く事だってありますのでね^^

 

私も治すと決めて進み出してから、何度後退したか分からないぐらい
後ろ向きになる事も多かったです。

 

特に、克服過程で太っていった時なんかは、会社の往復以外は家から出る事がなくなり
外に出るときには、マスクをしないと出歩けなくなったりとかして
人と目を合わせる事が出来なくなっていました。

 

細くて可愛い友人と比べて、勝手に悲観的になったり
太っていく事で、自分の価値が余計に見出せなくなったり
とにかく、太っていく事に対する罪悪感がとても大きかったです。

 

きちんと食べると決めたはずなのに
急に全部嫌になって、食べない事を選んだ日もありました。

 

だけど、今思えば
摂食障害特有の完璧主義と、白黒ハッキリさせないとダメ、という心が根付いていたので

 

出来ない事があっても良いし、出来ない日があっても良い
そういう経験ができたことはとても良い経験になったなって思います^^

 

こんなふうに、私も一直線の道を綺麗に辿ってきた訳ではなくて
むしろ、悲観的になる事も多かったし、何度も脱線して進んできました。

 

だけど、克服過程で完璧に全てをこなせなくても、
「治す」という気持ちが弱くなる時があったとしても、
それでも「治す決意」をしてしまえば摂食障害は治ってしまうのです。

 

食べすぎてしまっても、それでも大丈夫。

食べる事が出来ない日があったとしても、それでも大丈夫。

前向きな日が続かなくても、それでも大丈夫。

自分にイライラしてしまっても、それでも大丈夫。

誰かをひがんだり、嫉妬してしまっても、それでも大丈夫。

 

ほんの少しでも、あなたの中に「治す」という光があれば大丈夫。

 

その光が弱い日だって当然あるし、もしかすると、その光が消えてしまう事もあるかもしれない。
だけど消えてしまったのなら、光を灯したくなった時に、もう一度光を灯せば良いのです。

 

「完璧さ」とか「正しさ」とか、そういったモノを手放した先にある
あなただけのペースで進んでいけば、必ず治ります^^

 

(だからと言って、すぐに「完璧さ」や「正しさ」を手放せなくたって良いですからね^^)

 

あなたの中に、「治すんだ」という光を灯してあげれば、大丈夫。

 

 

質問に対しての答えになったのか少し心配ですが
何か感じて頂けたら嬉しいです^^

 

 

いつか食べたローフードランチ♡
とても美味しかったけど、お肉やお魚も食べたいなと思ったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です