トラウマ解放ワーク

 

昨日は身体の施術を受けてきました。
70代のおじいちゃん先生がお一人でされている院です。

 

「古代とか昔々はね、医療も精神世界も分類は同じだったのに、いつのまにか分離されて、現代は全く別のものみたいになってるでしょ。

 

お医者さんの多くは精神世界を知ろうとしないでしょ。知識しか信用しないから、だから科学で証明できない事は信用しないでしょ。

 

でもね、今の時代、心から身体に現れる病気がほとんどだから、現代の医療だけじゃ人を救うのは難しくなってるんだよ。

 

だからね、オステオパシーを広めたくて女性に教えてるんだよ。女性の患者さんは、私のような老人男性に施術して貰うよりも、女性に施術してもらった方が安心するでしょ。妊婦さんなんかは特に。だから女性に教えたいんだ」

 

そんなお話をしてくれつつ、施術のあと、「ちょっとおいで」と言って、トラウマ解放のボディーワークもしてくれました。

 

私はいつも、おじいちゃん先生のお話や知識や経験、全てに興味津々で、
それが伝わっているからなのか、色々なお話をしてくれたり、体験をさせてもらっています。

 

トラウマって、何か大きな事じゃなくても
胎児期から乳幼児期の間の記憶に残ってない時期にも作られるのだけど
という事は、大体の人は、なんらかのトラウマや心の傷を持っていて
それらを無意識に投影して生きていることになります。

 

私はそれらのメンタルブロック解放などを、心の中から観て解放していくのだけど
そういったのもを別の形からアプローチするのが、おじいちゃん先生がしてくれたトラウマ解放なんだと思います。

 

トラウマ解放のボディワークは、信頼関係がないと中々上手くいかないらしく
もう少し信頼関係が深まったら、またやってくれるって言って下さいました。
嬉しいな。楽しみだな。

 

 

最近までお世話になっていた先生や
今日お話したおじいちゃん先生を見ていて思いました。
私は、今この瞬間に、多くのものを望みすぎているんだなって。

 

それは別に悪い事ではないけど
私が欲しいものは、一瞬で手に入ってしまうようなモノではなくて
たくさん勉強して、経験して、それらがその方のモノとなっているからこそ

たった一言の言葉や、数分の施術だったとしても
なぜか心が惹かれてしまうような、たくさんの何かが詰まっているような
なんか、そういうモノが欲しんです。

 

でもそれを手にするには、今この瞬間に手に入れるのは無理。
こう言い切るのは諦めてるとかそういう事ではなくて
一瞬で手に入るようなモノには、私は心が惹かれないんだと思います。

今を一生懸命生きた先の、10年後、20年後に
少しでも、そういう自分になれてたら良いな。
そんな風に思いました。

 

 

そうそう。おじいちゃん先生の院に面白そうなチャクラの古い本があったので、Amazonで注文しました。
この手の古い本って中古しかないのが残念だけど、届くのが今から楽しみです。

 

 

8月限定で、体験個人セッション
通常5千円のところ、3千円でお受けさせて頂きます^^

心の仕組みに興味のある方や、心の枠を外したい方など、
ぜひこの機会にいかがでしょうか^^

個人セッションのご案内

 

写真は全然関係ないけど、ローソンのフルーツインティー。全部溶けてから飲んだらとても美味しい♡
おじいちゃん先生の院に行くときに、車の中でBUMP OF CHICKENを聴きながら飲んでました♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です