自分を好きになるために出来ること

 

ここ最近、内省が深まってきたからなのか
それとも、前よりも習慣づいてきたからなのか
無意識を意識に上げる事が、以前よりも容易になってきました。

 

そして、そこからの繋がりを掘り起こしたりしているのですが
そこから得られるたくさんの気づきに、自分の頭が追いつていない感じで

すぐにその気づきを書き留めておかないと、
次の気づきが現れた時には、さっきの気づきを忘れてしまって、消えてしまうぐらい
本当に毎日、無意識の中にある、小さな頃の自分の感情に触れる事ができています。

 

「さっきはどんな気づきがあったんだっけ…」と考えてみても思い出せなくて
気づきを書き留めておかなかった自分に嫌気がさしたりもするけど
だけど、この感覚がなんだか嬉しくもあり、幸せを感じます。

 

"私の夢だった"と言ったら大げさかもしれないけど
私はずっと、こうして自分の心を向き合いながら生きて行きたかったのです。
その夢が叶って、私はとても幸せ。

 

そして何より、自分を知るのって、やっぱり楽しい。

 

私はずっと、「自分には喜怒哀楽の"怒"と"哀"が人より少ない」と思って生きてきたけど
だけど、無意識の中を観てあげると、ないと思っていたそれらの感情がちゃんとあって
それを私の全てで受け止めてあげると、自分のことがとても愛おしくなったりします。

 

「自分を好きになるにはどうしたら良いですか?」という質問をよく頂きますが

その答えの1つに、

あなたの中にある怒りや悲しみを
なんのジャッジもせずに、ただ感じて受け止めてあげる。

という事が言えるのではないかな、と思います。

 

そういった、愛されるために抑圧した感情や
愛されてると感じるために上書きした感情などを見つけてあげるだけで
なぜか、自分に優しくなれたりするのです。

 

場合によっては、その過程で苦しさを感じる事もありますが
それでもその先には、ちゃんと今とは違うあなたがいるのですよ^^

 

そして、それらに気づくためには
あるものを認める勇気も大切だけど、無いものを無いと認める勇気も大切だなって思います。
そうしなければ見えてこない事も、たくさんあるからです。

 

やっぱり、そういう意味でも
ジャッジを手放すこと、あるいは手放せなかったとしても
手放せるように意識をすることは大切だなって、改めて思いました^^

 

 

胆振東部地震の際に、SNSやメールでご心配の連絡を下さった皆さま
本当に本当にありがとうございました。
私の住む地域は震度5強でしたが、幸い停電の被害だけで済み
現在は日常を取り戻しつつあります。

 

ニュースやSNS、ネットなどを見ていても
多くの方が北海道の現状を心配して下さっていて、本当にありがたく思います。
これから寒い冬がやってきますが
それまでにどうか、避難されている方の安全が確保されます事をお祈りしつつ
私も出来ることをさせて頂こうと思っております。

 

全国から間接的に聞こえてくる皆様の温かい励ましの言葉に、心より感謝いたします。
本当にありがとうございます。

 

 


ニベアの青缶。さくらももこさんバージョン。
この優しい絵を見ているだけで、とてもとても癒されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です