今を生きる

 

数年前の私は「今を生きる」という言葉に、特別な何かを思い浮かべていたように思います。

なんていうか、「今を生きる」ができるようになると
今の私ではないもっと特別な私になれるんじゃないかとか

一瞬で環境が変わったり、目に見える変化を遂げるんじゃないかとか
そういう類の夢のような何かを重ねていました。

 

だけど、心のことを学べば学ぶほど、私が思い描いていた特別な何かは消え去って
そうしたらいつの間にかちゃんと、「今を生きる」を理解できるようになっていました。

それは特別な意味のない、真っ平らなもの。

 

「今を生きる」が出来るようになると
スピリチュアル的な何かへの目醒めが始まるとか
もっと人生がバラ色になるとかそういうことではなくて

「今を生きる」っていうのは「今を感じる」ということで
そしてそれは「自分と向き合うこと」でもあります。

 

自分と向き合う事から、その先の世界が広がっていくんだと私は思いますし
今まで遠いと思っていた事に、近づけるようになってくる、そう思います。

 

ここ最近の私は、2年前に考えていたけど手をつけられなかった事を始めたり
自分でもビックリするぐらい、コミュニケーションに対するブロックが外れてきています。

こんなふうになれたのは、「今を生きている」から。
と言いたいところだけど、自信を持って「今を生きている」と言い切ることはできないかもしれない。

だけど少なくとも「今を生きよう」という気持ちと一緒に生きています。

その気持ちを大切にすることが何よりも大切だし
その気持ちを意識していくことで、しっかりと「今を生きる」を心で視覚化する事ができるようになる。

私はそう思っています。

 

北海道はまだ桜が咲いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)